技術だけにとらわれることなく広い視野を持ち、
ユーザが本当に必要な価値を提供し続けたい

Product Manager (ロボマネージャ)Sさん

経歴

外資系のITベンダで20年弱、ITコンサルタントとして、様々なシステムの導入提案、開発、運用作業に従事。
2018年にアシリレラ入社以来、『ロボオペレータ』『ロボマネージャ』の開発、保守を担当し、現在は『ロボマネージャ』のプロダクトマネージャとして開発作業全般に携わっている。

チームの仕事内容

弊社製RPAソリューション『ロボオペレータ』を管理・統制する『ロボマネージャ』の企画、開発を行っています。

『ロボオペレータ』の開発メンバーと密に連携しながら、複数の端末で『ロボオペレータ』を使用する際に必要となる管理機能の開発を行っています。

『ロボマネージャ』を導入していただいているお客様に対する保守サポート業務も行っていますので、お客様からの日々のお問い合わせやご要望の内容をタイムリーに製品に反映し、必要な管理機能を簡単に使えるようにすべく開発を行っています。

技術だけでなく広い視野を持ち、
ユーザが本当に必要な価値を提供

なぜアシリレラに入社したのか

長年、多数のお客様に対して、自社製品、他社製品を問わず、様々なソリューションの導入を行ってきましたが、現場で実際に必要となる機能があっても製品側へのフィードバックができない、製品側に不具合があって対応を求めてもなかなか修正されないなどの状況を多数経験してきました。

やはりそれを解決するには製品を開発する側の立場になる以外にないと思っていたところ、ご縁があり、自社製品を企画・開発しているアシリレラに入社することができました。

いざ逆の立場になってみると、そう簡単にはすべての要望には対応できない現実があることもよくわかりましたが、製品を導入、使用する側の気持ちをいつまでも忘れることなく、よりよい製品を提供できるように日々の開発を行っています。

『ロボマネージャ』開発へのこだわり

複数の端末を管理する製品という性質上、『ロボマネージャ』を使われる方には、データベースやネットワーク、OSなどITインフラ系の知識が多少なりとも必要となりますが、それらをあまり意識させることなく、管理に必要な機能を使っていただけるように製品を開発しています。

まだまだ機能としては足りない部分も多くありますが、今後新しい機能を追加する際にも、管理をするために余計な知識や労力を必要としないような製品を目指して開発してまいります。

今後やりたいこと

現在は管理のために取得したデータをそのまま閲覧できる機能がメインですが、今後は親会社のPKSHA Technologyの技術も有効活用して蓄積したデータを解析し、プロアクティブにユーザに新たな気づきを与えれるような製品になればと思っています。

個人的には、生涯1エンジニアとして最新のテクノロジーを吸収しつつも、技術だけにとらわれることなく広い視野を持ち、ユーザが本当に必要な価値を提供し続けられるようなエンジニアでありたいと思っています。

求人情報のエントリーはこちら

求人情報/エントリー