テクノロジーを駆使して業務を自動化し、
より楽しい仕事に専念できる世界をつくりたい

Product Manager (ロボオペレータ)Sさん

経歴

ITベンチャー、スタートアップ起業を経て、2019年アシリレラに3人目のエンジニアとして入社。業務自動化ソフトウェア『ロボオペレータ』のプロダクトマネジメントおよび新機能開発を担当。趣味でも複数のWebサービスを開発・運営している。

チームの仕事内容

より便利で、より使いやすい製品へと進化させるべく、『ロボオペレータ』の企画・開発を行っています。

お客様とのコミュニケーションやUXリサーチを通して、製品が抱える課題やお客様の要望を把握し、チームメンバー全員で議論しながら製品改善のための企画を立案しています。

企画が決まった後は、各メンバーが設計・実装・テストを一貫して担当し、頻繁にディスカッションやレビューを行いながら製品を作り上げていきます。プロトタイプを開発してユーザビリティテストで評価するサイクルを素早く回し、実際のユーザーの反応を見ながらブラッシュアップすることで完成度の高い製品をリリースしています。

ロボオペレータが業務を自動化し、
楽しい仕事に専念できる世界へ

なぜアシリレラに入社したのか

元々ルーチンワークなどを自動化するのが好きで、RPAという製品のコンセプトに共感したのがきっかけでした。

前職ではWebシステムのクロスブラウザテストをSeleniumで自動化したり、個人開発したサービスの裏方作業を自動化したり、副業では依頼を受けて自動化ツールを開発したりと、毎月何百時間もの作業を自動化していました。

これまでは自分自身や身の回りの人が快適に仕事・生活できるよう自動化の技術を活用してきましたが、今後は誰もが簡単に使えるようなRPA製品の開発を通してこの価値を全国の人々に届けたいと思い、アシリレラに入社しました。

『ロボオペレータ』開発へのこだわり

「ユーザビリティ」が一番のこだわりポイントです。

RPAと呼ばれる業務自動化ソフトウェアは多数ありますが、ロボオペレータはエンジニアではない業務部門のユーザーでも使いこなせるという点が一番の魅力であり、競争力でもあります。

お客様の業務を自動化するための機能要件を満たした製品を提供するのはもちろんのこと、実際にお客様がロボオペレータを使いこなして業務を自動化する成功体験を作り出すためのユーザビリティが非常に重要だと考えています。

今後やりたいこと

エンジニアではないユーザーがテクノロジーの力を活かして業務を自動化できるよう、現在のロボオペレータのデザインを変革していくこと、そして優れたデザインでロボオペレータが出来ることを広げていくことです。

世の中には様々な素晴らしいテクノロジーが存在しているものの、エンジニア以外が使いこなせないものが多くあります。例えば、Webブラウザを自動操作する技術は10年以上前から存在していましたが、ブラウザを使った定型作業を手作業で行う人は今でも多くいます。

現在のRPAのスコープに囚われることなく、より多くの人々が最新のテクノロジーを駆使して業務を自動化し、より楽しい仕事・やりがいのある仕事に専念できる世界をつくりたいと思っています。

求人情報のエントリーはこちら

募集職種/エントリー