複数のロボオペレータの統制・大量の業務処理を一元管理できるソリューション
ロボマネージャ


業務実行のスケジューリングや、ロボのバージョン管理、各端末のライセンスの管理が行えます。また、すべてのロボの利用状況を監視し・強制停止できるので、業務のトラブルとなる野良ロボを防止できます。

マネージャ管理ライセンス機能搭載


マネージャ管理ライセンスを導入することで、PC何台にでもロボオペレータをインストールできるようになり、
ロボットの活用をさらに拡大できます。
費用は「最大同時実行数」に対してかかるため、コストを抑えることも可能です。

管理範囲が設定できるようになります


管理するロボオペレータやスクリプトを管理者ごとに設定できる機能を追加予定です。
これにより、部門外のロボットの監視・実行を防止できます。

求人情報のエントリーはこちら

求人情報/エントリー